国際人材育成

 少子高齢大国である我が国は、あらゆるところで人手が足りず困難な事業体が存在します。日本国政府は2019年4月施行された改正出入国管理法により、多くの外国人労働者の受入れをすることに舵をきりました。

 しかし、外国人の方々が日本で生活をし、日本人と職場を共にすることは容易ではありません。また、従事する仕事における問題点も、簡単に解消できるものではなく、一般的な教育、専門的教育をどのように実施していくかが課題となります。

特定技能

 

​特定技能で日本行を希望する外国人に対し、日本での生活・交通ルール・専門知識・各種法律に関する教育をサポートします。

介 護

 

 

日本式介護教育ならびに仕事場で使える日本語教育を、日本製作の教科書を使用し、現場を知る教師が教育をします。

専門職

 

 

あらゆる専門知識と、必要とされる日本語の教育事業をサポートします。

​オリジナルカリキュラムを作成し短期間教育を実施する。

 外国人を母国において教育することは、時間・労力・費用が必要となります。海外に拠点を持たれる企業であれば、目途もたちますが、そうでない企業様の方が圧倒的に多いかと思います。

 当組合は長年の間中国との関係を拡大してまいりました。

中国という国と、中国人に対しては賛否両論ではありますが、漢字を使う文字文化と、箸で食事をするという生活文化は、私達日本人と同じであります。

 確かに、仕事に対する考え方や取り組み方、相手の立場に立って考えるルール・マナーなど、異なっている事は多々存在します。が、昔の日本人は国際的なルールやマナーについては途上国ではなかったでしょうか?

 現代の中国人は、国際人が多く活躍しております。

 国際人的中国人は、礼儀もしっかりしており、仕事に対する向き合い方も日本人と変わらない人が多く存在しております。

協同組合NCCコンサルティング メリット

政府に近い国営企業との提携

教育機関との連携

許認可等の取得

国営企業による事業運営

多種多様のネットワークの利用

協同組合NCC

TEL 055-980-4481